2010年度秋季学術大会

日本活断層学会「2010年度秋季学術大会」、「1586年天正地震シンポジウム」および巡検「養老‐桑名‐四日市断層帯と1586年天正地震」のお知らせ

日本活断層学会2010年度秋季学術大会実行委員会

「2010年度秋季学術大会」、「1586年天正地震シンポジウム」、および巡検「養老‐桑名‐四日市断層帯と1586年天正地震」を下記要領で開催・実施いたします。多数の皆様のご参加をお待ちしております。


1. 開催日時・場所

11月26日(金) 11:00~17:15 2010年度秋季学術大会(口頭・ポスター)
プログラム(PDF,190 KB)および講演予稿集(PDF,33 MB)
17:15~17:30 学会賞・論文賞授賞式
名古屋大学環境総合館1階レクチャーホール)
18:00~20:00 懇親会・若手優秀講演賞授賞式・日本の活断層フォトコンテスト授賞式
(レストラン「花の木」:環境総合館の近く)
11月27日(土) 9:30~16:00 1586年天正地震シンポジウム(口頭のみ、一般公開・無料)
名古屋大学シンポジオンホール
主催:日本活断層学会
後援:日本地震学会・日本地震工学会
11月28日(日) 巡検 養老‐桑名‐四日市断層帯と1586年天正地震
(8:00名古屋駅~巡検~16:00頃岐阜羽島駅・16:45頃名古屋駅)

2. 参加費およびシンポジウムと巡検の詳細

2-1. 2010年度秋季学術大会

2-2. 懇親会

2-3. 1586年天正地震シンポジウム(一般公開)
  • 参加費:無料
  • 開催趣旨
    1586年天正地震(M7.8)は、1891年濃尾地震(M8.0)と並んで東海地方の内陸活断層が起こした2大地震のひとつである。中世末期の動乱の時代に起きた地震として歴史的にも有名であり、その10年後の1596年慶長伏見地震(M7.5)や19年後の1605年慶長東海・南海地震(M7.9)へと続く、「地震活動期」を代表する地震でもあった。21世紀における東海・東南海地震の再来が迫っている東海地方において、天正地震から学ぶ教訓は大きい。しかし、天正地震については謎も多く、震源断層をめぐって諸説がある。本シンポジウムでは諸説を整理し、歴史記録や最新の観測結果とも合わせて謎の解明に迫りたい。

プログラム(敬称略)

プログラム(PDF,約100 KB)および講演予稿集(PDF,33 MB)(学術大会予稿集と合本)

司会:山口 勝(NHK)

趣旨説明 9:30~9:35 岡田篤正(立命館大学)

午前の部:天正地震の全体像と震源の謎をわかりやすく解説
S-01 9:35- 9:55 天正地震の震源断層と地震の概要
岡田篤正(立命館大学)
S-02 9:55-10:35 天正地震の地震考古学
寒川 旭(産業技術総合研究所)
S-03 10:35-11:00 御母衣断層系と1586 年天正地震
杉山雄一(産業技術総合研究所)
S-04 11:00-11:25 586 年天正地震と阿寺断層の最新活動
○廣内大助(信州大学)・安江健一(日本原子力研究開発機構)
S-05 11:25-11:50 天正地震養老断層震源説を支持する地形地質的証拠
須貝俊彦(東京大学)

昼食休憩(11:50~13:15)


午後の部:天正地震の実像に迫る研究の最前線
S-60 13:15-13:40 古文書からみた天正地震:最近の研究成果
松浦律子(地震予知総合研究振興会)
S-07 13:40-14:05 1586年天正地震の震源断層:測地学的な視点
鷺谷 威(名古屋大学)
S-80 14:05-14:30 中部地方の活断層の相互作用と連動の評価 -天正地震を例にして-
遠田晋次(京都大学)
S-09 14:30-14:50 伊勢湾断層の最新の活動時期 -約500 年前に活動したか-
○豊蔵 勇(ジオ・とよくら)・岡田篤正(立命館大学)
岡村 眞(高知大学)・牧野内 猛(名城大学)
長谷川 淳(ダイヤコンサルタント)・藤原八笛(元ダイヤコンサルタント)

休憩(14:55-15:10)


総合討論 15:10-15:50 司会:山口 勝・岡田篤正
総括 15:50~16:00 岡田篤正
活断層地形判読セミナー(養老断層) 16:00~17:30 講師:岡田篤正・中田高
鈴木康弘・後藤秀昭・杉戸信彦


2-4. 巡検「養老‐桑名‐四日市断層帯と1586年天正地震」

(参加受付は満員につき終了しました)

  • 参加費:会員4,000円、非会員5,000円、学生会員2,000円(旅行保険代を含む)
  • ≪学生会員の年会費は2,000円です。非会員で巡検に参加する学生の方は、この機会に入会することをお勧めします。なお、入会には申込書と学生会費適用申請書が必要です(詳細は HP参照)≫
  • 募集人員:40名 先着順。ただし、学生会員・会員・非会員の順に優先させて頂きます。
  • 移動手段:マイクロバス2台
  • 参加費の支払い:原則として前々日・前日の各受付にてお支払いください。
行程
8:00名古屋駅太閤通口「銀の時計」(旧壁画前)集合 名古屋西IC~桑名IC
1)桑名高校北付近 段丘面の背斜状変形と低断層崖・地下構造
2)桑名市西汰上・東汰上付近 沖積面の変形(逆傾斜と撓曲崖)と地下構造
3)桑名市多度町多度付近 段丘面の傾動(とその構成層の増傾斜)・多度大社
昼食休憩:道の駅「月見の里南濃」
4)海津市南濃町羽沢 撓曲崖と地下構造
5)海津市南濃町戸田 段丘面の逆傾斜
6)海津市南濃町志津~志津新田 沖積面の変形(逆傾斜と撓曲崖)と地下構造
大垣IC~岐阜羽島IC~16:00頃岐阜羽島駅~岐阜羽島IC~明道町IC~16:45頃名古屋駅

  • 案内者(予定・敬称略):岡田篤正・須貝俊彦・廣内大助・杉戸信彦・松多信尚・杉山雄一
    ≪なお、27日の16:00~17:30に、巡検案内を兼ねた「活断層地形判読セミナー(養老断層)」を開催しますので、参加希望者はシンポジウム会場にお集まり下さい≫

3. 申し込み

3-1. 2010年度秋季学術大会および1586年天正地震シンポジウム(一般公募枠)の発表申し込み

3-2. 懇親会の申し込み

3-3. 巡検の申し込み

4. 巡検の詳細について

11月中旬に参加予定者に連絡いたします。

(お問い合わせ)
日本活断層学会2010年度秋季学術大会実行委員会
e-mail: jsaf-2010fall@m.aist.go.jp

会員ページログイン

日本の活断層百景

Copyright © Japanese Society for Active Fault Studies. All Rights Reserved.